思春期ニキビと大人ニキビの違いはドコ?

ニキビは思春期ニキビと大人ニキビに大別することが出来ます。
思春期ニキビはその名の通り、思春期ごろに発生するものを指します。
思春期になると体の中に大きな変化が訪れます。
その最中に起こりやすいのが皮脂の過剰分泌です。
皮脂が過剰分泌されることにより、アクネ菌のエサが一気に増加します。
それがニキビという形になることが多いです。
皮脂の過剰分泌には起こりやすい方と、そうでない方がいます。
それゆえに思春期になってもあまりニキビができないというケースもあります。
一方でTゾーンをはじめとする部分の肌トラブルに大いに悩まされているという方も多いです。

大人ニキビはストレスや生活習慣に起因していることが多くなっています。
原因の違いこそがこの2つの肌トラブルの大きな違いといえるでしょう。
大人になると皮脂の過剰分泌などはある程度抑えられるようになります。
それだけで考えると吹き出物などは出来にくくなるのではと思うかもしれません。
しかし、肌の新陳代謝が落ちてくることにより、むしろ肌トラブルに対して弱い状態になっています。
そこに肌の乾燥やストレス、食生活の乱れなどが重なることにより、肌トラブルが起こりやすくなってしまうという状況になりえます。

いずれのタイプであったとしても古い角質が毛穴詰まりを起こすことにより、肌トラブルを招くということについては共通しています。
また、口周りやTゾーンなどは肌トラブルが起こりやすい場所とされます。
大人の吹き出物はアゴにも出来ることがあります。
アゴは基本的に皮脂の分泌が盛んな場所ではありません。
一方で肌の乾燥が起こりやすい場所ではあるので、そのことを踏まえたスキンケアが重要になるといえるでしょう。
それぞれ原因は異なっているものの、起こっている現象自体に大きな差はありません。
それゆえにいずれにおいても同じような治療薬が使用されます。
ただ、実際にはそれぞれの原因を把握することが出来れば、一層有効な治療薬を選択可能となります。
そのため、原因を調べることが有効といえるでしょう。
アゴや口の周りに吹き出物が出来た場合は、大人ニキビである可能性が高いです。
その場合、ストレスがカギを握っているかもしれません。
なるべくストレスを解消することが出来ることを行い、対処することが有効といえるでしょう。
もちろん、治療薬を使用して対処することも重要な方法となっています。
口周りに古い角質による毛穴詰まりが出来たときには要注意です。